成田山表参道 なごみの米屋

成田山表参道 なごみの米屋

  • TOP
  • 成田羊羹資料館

成田羊羹資料館

明治32年に創業したなごみの米屋
その歴史と羊羹のルーツを展示しております

●郵便番号

286-0032

●住所  

千葉県成田市上町500

●電話番号

0476-22-2266

●FAX番号

0476-22-1224

●開館時間

10:00〜16:00
※1月1日〜1月3日は開館時間が9:00〜17:00となります
※展示替えの際のみ休館とさせていただきます

【新型コロナウイルス感染防止対策について】

混雑時には入館を制限させていただく場合がございます。
感染防止のため、ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

企画展

第35回企画展
いきいきと働く人々『大日本物産図会』より

開催期間:令和3年4月1日〜令和3年9月末日

『大日本物産図会』は、三代歌川広重により江戸〜明治初期の日本各地の物産と作業の様子を描いた錦絵です。
文明開化の時代とは言え、当時の仕事はまだまだ重労働で苛酷であったでしょう。 しかし、家族総出で和気藹々と働いているような絵図があったり、屈強な男性ばかり力自慢の職場や、女性が中心に回っている職場もあります。
そこには、老若男女問わずいきいきと楽しげに従事する仕事人たちの姿が見て取れます。
絵図を見ていると現代日本につながる新しいはたらき方が見えてくるかも・・・?

フロア案内

1階

●受付
大正時代の本物の番頭台を展示しております。入館時にパンフレットがございますのでご覧ください。

●企画展示コーナー
和菓子や成田山などをテーマに企画展を行っております。

●映像コーナー
現在の羊羹の作り方を映像でご覧いただけます。 壁には昭和初期の機械による羊羹製造の写真を展示しております。今と昔を比較してご覧ください。

●おみくじコーナー
米屋總本店にずっとまつられてきた恵比寿様と大黒様を参拝して100円で羊羹入りのおみくじをお引きいただけます。

2階

●時代の変遷年表
米屋、成田、日本や世界の動きを写真と共に展示しております。

●羊羹の歴史
どのように今日の羊羹が生まれたか?羊羹のルーツと変遷がわかる羊羹の歴史コーナーでございます。

●日本全国の羊羹
北海道から九州まで全国の様々な羊羹を展示しております。

●さきがけコーナー
米屋が世界に先駆けて行ってきた事柄を展示しています。

●昔の道具
実際に羊羹づくりに使われていた道具を行程順に展示しております。また壁には總本店の移りかわり 創業当時から今に至るまでの本店を写真で展示しております。

●長蔵翁の部屋
創業者諸岡長蔵翁の愛用品を展示しております。

●パッケージコーナー
懐かしい羊羹のパッケージ を展示しております。

●モラロジーコーナー
廣池千九郎博士と長蔵の関係そしてなごみの精神に通じるものを展示しております。

●羊羹の材料
実際に使われる小豆、砂糖、寒天を展示しております。

お菓子教室

成田生涯学習市民ギャラリー

PAGETOP